地すべり地形分布図とは

 地すべり地形分布図は地すべり変動によって形成された地形的痕跡である「地すべり地形」を空中写真の実体視判読によってマッピングし、地形図上にその分布状況を示した図面です。
この分布図によって、過去に地すべり変動を起こした場所やその規模、変動状況などの詳細を把握することができます。

 地すべり地形分布図は地すべり研究の基礎的なデータ整備を目的に開始しました。将来的に地すべり変動の発生場所を予測するためにも必要となる情報です。Web公開は2000年10月に開始しました。

地すべり地形分布図印刷図  地すべり地形分布図の表現方法の模式図

左図「地すべり地形分布図(印刷図)」(クリックで拡大)、右図「地すべり地形の表現(描き方)」

「地すべり地形」と「地すべり地形分布図」に関する解説

  1. 地すべりとは? 地すべり地形とは
  2. 防災科学技術研究所の地すべり地形分布図について
    1. 作成の目的
    2. 地すべり地形分布図の特長
    3. 図の発行範囲について
    4. 分布図の作成方法
    5. 利用上の留意点
    6. 印刷図の入手方法
    7. 地すべり地形分布図はこのように利用されています
  3. 地すべりマップに図示されていた地すべり地形が変動した事例
  4. これまでの主な地すべり災害の事例紹介
  5. 土砂災害を防ぐために-土砂災害とは-

FAQ(よくある質問)のページにも地すべり地形分布図に関する解説があります。
※地すべり地形分布図データベース(Web-GIS)については、データベースの利用法をご覧ください。