• TOP
  • 災害事例
  • 東北地方太平洋沖地震における地すべり地形分布図の活用

東北地方太平洋沖地震における地すべり地形分布図の活用

 3月16日11:00現在,防災科学技術研究所地すべり地形分布図ページが復旧致しました。震度6強以上を観測した3回の地震における震度分布(気象庁より引用)と,20万分の1図幅位置及び図幅名を重ね合わせた図を作成致しましたので,下記に示した地すべり地形分布図ホームページより,地すべり地形分布図の画像データ,GISデータをダウンロードし,土砂災害地域の抽出及び推定にお役立て下さい。本サイトの地すべり地形分布図では,今回の地震で起きた地すべりは含まれておりませんが,過去に地すべりが起きた場所は他の地域に比べて土砂災害が起こりやすいという観点から,今回の土砂災害発生位置の抽出,空撮位置の選別,今後の余震に対する土砂災害危険地域の推定等にお使い下さい。

速報PDFのダウンロード:東北地方太平洋沖地震における地すべり地形分布図の活用(速報ver.2) 3/16

3月11日14:46に発生した三陸沖を震源とする地震の震度分布図(震度4以上) 震度5弱以上のゆれを起こした地震震源位置と地すべり移動体(赤色)

左図:3月11日14:46に発生した三陸沖を震源とする地震の震度分布図(震度4以上)
右図:震度5弱以上のゆれを起こした地震震源位置と地すべり移動体(赤色)


3月12日03:59新潟県中越地方を震源とする地震の震度分布図(震度4以上) 3月15日22:31に発生した静岡県東部を震源とする地震の震度分布図(震度4以上)

左図3月12日03:59新潟県中越地方を震源とする地震の震度分布図(震度4以上)
右図:3月15日22:31に発生した静岡県東部を震源とする地震の震度分布図(震度4以上)